Humanities and Social Sciences Researchers

【開催報告】「日本語教育海外実習の新展開」(広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー)

人文社会科学

開催概要

広島大学大学院 人間社会科学研究科 設立記念セミナー
「日本語教育海外実習の新展開」

【開催日時】2022年3月11日(金)11:00~13:00
【開催方法】オンライン
【主催】広島大学人間社会科学研究科 日本語教育学プログラム
【参加者数】53名

講師やゲストなどの氏名と所属

  • 広島大学人間社会科学研究科日本語教育学プログラム
    • 永田良太教授
    • 渡部倫子教授
  • タマサート大学 柳沢 滴 講師
  • 北京科技大学 範 玉梅 准教授
  • 中山大学 徐 愛紅 准教授
  • ブラヴィジャヤ大学 Agus Budi Cahyono 講師
渡部倫子教授(広島大学)
柳沢滴講師(タマサート大学)
ディスカッションの様子

当日の様子

広島では春らしく暖かい日に、人間社会科学研究科設立記念セミナー「日本語教育海外実習の新展開」はオンラインで開催された。近年、日本語教師の国家資格化が議論されており、日本語教師養成カリキュラムの中での実習の位置づけをめぐっては、各大学で試行錯誤が続けられている。

本学の日本語教育学プログラムは、国内での日本語教師養成において、パイオニアであり、海外で活躍している卒業/修了生の数も多い。日本語教師養成の実際例やコロナ禍での活動例を知ろうと、他大学の日本語教師養成に携わっている大学教員、本学及び他大学の学生、日本語教育ボランティアに携わっている人など学内外から50名ほどが参加した。オンラインでの開催にふさわしく、セミナー開始直後からチャット欄でのコメント、質疑応答も活発に交わされた。

日本語教師の在り方について、カリキュラム全体の中での実習の位置づけについて、さらにコロナ禍でのオンラインによる海外実習の工夫について大いに盛り上がった。歴史ある本学の日本語教師養成が多くの強みをもっていること、また日本語教師養成課程において、海外の大学との連携が大きな可能性を秘めていることが印象に残った。

参加者の集合写真


広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー

広島大学大学院人間社会科学研究科は、2020年4月に、総合科学研究科、文学研究科、教育学研究科、社会科学研究科、国際協力研究科、法務研究科の6研究科16専攻(一部を含む)を再編し、4専攻14学位プログラムでスタートしました。

本研究科は、人間と社会のための諸科学の追求と、教育による持続可能で平和な世界の構築を目指すという2つのミッションを有し、人間や社会に関する深い見識と専門分野以外への強い関心を持ち、自然科学や生命科学を含む他分野の専門家と協働して将来の人類社会を創造する人材を育成するため、「人間社会科学研究科(Graduate School of Humanities and Social Sciences)」としています。

本研究科の設立を記念して、研究科内の様々なプログラムやセンター等の企画により連続セミナーを実施いたします。人間社会科学研究科が取り組む多様でユニークな教育・研究活動を知っていただき、多くの方とつながる機会としたいと考えています。

どなたでも参加できますので、人間社会科学研究科や広島大学内外からのご参加をお待ちしています。