Humanities and Social Sciences Researchers

【開催報告】「ザンビア特別教育プログラムの成果と今後の可能性」(広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー)

教育科学

開催概要

20周年記念成果報告会&シンポジウム
「ザンビア特別教育プログラムの成果と今後の可能性」

【開催日時】2022年3月5日(土)13:30~17:00
【開催方法】対面およびオンライン
【主催】広島大学大学院人間社会科学研究科 国際教育開発プログラム
【共催】独立行政法人国際協力機構(JICA)、広島大学大学院人間社会科学研究科
【後援】文部科学省
【参加者数】103名(事前登録者142名)

※広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナーとしても開催されました。

当日のプログラム

<開会の辞・挨拶>13:30~
<第1部>13:50~

  • ザンビア特別教育プログラム20年の歩みと成果調査報告 ~制度としての展開および人材育成~
  • 調査報告を受けてのコメント

<第2部>15:10~

  • 基調講演「国際教育協力における大学の役割~グローバル人材の育成と「知識外交」への貢献~」北村 友人(東京大学大学院教育学研究科 教授)
  • シンポジウム「ザンビア特別教育プログラムの成果と今後の可能性」

<閉会の辞>16:55

当日の様子

第1部では、広島大学とJICA海外協力隊の連携プログラムである「ザンビア特別教育プログラム」の20年を振り返り、関係者からの聞き取り、修了生インタビューなどから、本プログラムの成果報告を行いました。調査を受けてのコメントでは、様々な提案や意見をいただくことができました。第2部では、基調講演後、講師の北村先生を交え、JICA、修了生/コンサルタント、本学教員、プログラム立上時の元教員)等様々な視点から多くのご意見・提案をいただきました。いただきましたご意見・提案は、今後の改善・発展につながるよう検討したいと思います。

北村教授の基調講演
第2部のシンポジウムの様子

当日の様子は録画映像を公開するとともに、後日、報告書を作成しホームページに掲載予定です。


広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー

広島大学大学院人間社会科学研究科は、2020年4月に、総合科学研究科、文学研究科、教育学研究科、社会科学研究科、国際協力研究科、法務研究科の6研究科16専攻(一部を含む)を再編し、4専攻14学位プログラムでスタートしました。

本研究科は、人間と社会のための諸科学の追求と、教育による持続可能で平和な世界の構築を目指すという2つのミッションを有し、人間や社会に関する深い見識と専門分野以外への強い関心を持ち、自然科学や生命科学を含む他分野の専門家と協働して将来の人類社会を創造する人材を育成するため、「人間社会科学研究科(Graduate School of Humanities and Social Sciences)」としています。

本研究科の設立を記念して、研究科内の様々なプログラムやセンター等の企画により連続セミナーを実施いたします。人間社会科学研究科が取り組む多様でユニークな教育・研究活動を知っていただき、多くの方とつながる機会としたいと考えています。

どなたでも参加できますので、人間社会科学研究科や広島大学内外からのご参加をお待ちしています。