Humanities and Social Sciences Researchers

【開催報告】地域経済・経営シンポジウム「スポーツ×まちづくり=地域ルネサンス」(広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー)

人文社会科学

開催概要

【開催日時】2022年2月19日(土)13:30~15:30
【開催方法】Zoom使用によるオンライン
【主催】

  • 広島大学大学院人間社会科学研究科人文社会科学専攻マネジメントプログラム
  • 広島大学 経済学部附属地域経済システム研究センター
  • 広島大学マネジメント学会

【共催】広島大学大学院人間社会科学研究科
【後援】地域経済研究推進協議会
【参加者数】52名程度(参加登録者数:67名)

登壇者の氏名および所属

  • 司 会 : 小柏 葉子 (広島大学大学院人間社会科学研究科人文社会科学専攻マネジメントプログラム 教授)
  • ゲスト登壇者1:「ボールパークがやってくる」
    川原 秀仁 氏(株式会社山下PMC 取締役会長)
  • ゲスト登壇者2 :「まちづくりと公共交通」
    佐伯 一夫 氏(広島電鉄株式会社 地域共創本部 地域共創事業部長、広島都心会議 事務局長)

シンポジウム概要と当日の様子

 第1部では、「ボールパークがやってくる」と題して、広島市中心部に建設される新サッカースタジアムのコンセプト作成に携われた株式会社山下PMCの取締役会長・川原秀仁氏が、ボールパークの成り立ちと仕組み、その地域経済にもたらすインパクトを中心に、国内外の豊富な事例に基づきながら講演されました。
 続く第2部では、広島電鉄地域共創事業部長・広島都心会議事務局長を務めておられる佐伯一夫氏が、「まちづくりと公共交通」を」テーマに、公共交通を軸としたまちの賑わい創出に焦点を当て、広島市で進められているまちづくりのプロジェクトについて講演されました。
 質疑応答では、両氏に対し、様々な質問が寄せられ、「スポーツ」と「まちづくり」による広島の地域ルネサンスに対する参加者の関心の高さがうかがえました。

川原秀仁氏(株式会社山下PMC取締役会長)
佐伯一夫氏(広島電鉄株式会社地域共創事業部長・広島都心会議事務局長)


広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー

広島大学大学院人間社会科学研究科は、2020年4月に、総合科学研究科、文学研究科、教育学研究科、社会科学研究科、国際協力研究科、法務研究科の6研究科16専攻(一部を含む)を再編し、4専攻14学位プログラムでスタートしました。

本研究科は、人間と社会のための諸科学の追求と、教育による持続可能で平和な世界の構築を目指すという2つのミッションを有し、人間や社会に関する深い見識と専門分野以外への強い関心を持ち、自然科学や生命科学を含む他分野の専門家と協働して将来の人類社会を創造する人材を育成するため、「人間社会科学研究科(Graduate School of Humanities and Social Sciences)」としています。

本研究科の設立を記念して、研究科内の様々なプログラムやセンター等の企画により連続セミナーを実施いたします。人間社会科学研究科が取り組む多様でユニークな教育・研究活動を知っていただき、多くの方とつながる機会としたいと考えています。

どなたでも参加できますので、人間社会科学研究科や広島大学内外からのご参加をお待ちしています。