谷口 京子

所属プログラム

経歴・これまでの活動

大学卒業後、社会人経験、JICA海外協力隊(マラウイ、理数科教師)経験。広島大学大学院国際協力研究科博士課程前期・後期を修了。博士(学術)。International Association for the Evaluation of Educational Achievement (IEA)でのインターンシップ、日本学術振興会特別研究員を経て、現職。
アフリカ地域を中心に、低・中所得国における学力向上要因や進級阻害要因(留年・退学・転校)の分析、学校効果研究を行っている。人的資源論に基づく教育生産関数モデルやテスト理論に興味があります。フィールドワークから得られたデータと大規模国際比較調査のデータの両方を分析しています。

大学院での教育方針や理念、想い

研究では、低・中所得国における教育政策や教育開発について、エビデンスをもとに、実証的に検証することが大切であります。一般的に言われていることが本当に正しいかどうかを検証し、どのようなアプローチが有効であるのかを見出すことが必要です。アカデミック的貢献と実践的貢献を目指して欲しいです。授業では、教育開発について、先行研究やデータをもとに、自分の意見をまとめるスキルと様々な国やバックグランドを持つ方々と英語でディスカッションするスキルを培うことを目標としています。ディスカッションを通して、自分の意見を他人に伝えることや他人意見を聞いて自分の意見を改めることを実体験できるように工夫をしています。

教員紹介ページ(国際教育開発プログラム)

研究キーワード