経歴・これまでの活動

1982年山梨県生まれ。2015年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。専門は日本近現代史。一橋大学大学院特任講師、日本学術振興会特別研究員PDを経て、2020年より広島大学大学院人間社会科学研究科准教授。近代日本における戦争と精神医療の歴史を研究し、医療アーカイブズの構築にも関わってきました。

大学院での教育方針や理念、想い

研究はうまくいかないことや辛いことの方が多いと言ってよいと思いますが、ごくたまに訪れるささやかな発見や、今まで知らなかった世界との出会いは、何ものにも代えがたい喜びになります。実際私もそうした研究の「魔力」にとりつかれてしまった一人です。ぜひ、他者からの評価や流行に迎合せずに、自分はこれを明らかにしたいんだという強い情熱を持てるテーマを見つけてください。そして、そのテーマに関しては、誰よりも自分が一番よく知っていると自負できるくらいの努力を続け、研究成果を他者に説得的に伝えていくための言葉を磨いていってください。